福井県にある正絹羽二重織物の製造工場です。

当社設備

  • HOME »
  • 当社設備

ベルト掛けシャトル織機

当社で使っている織機です。

普通織機、フライ織機とも呼びます。

緯糸(よこいと)の入ったシャトルと呼ばれる道具を、

経糸(たていと)の隙間に飛ばすことで織物を織ります。

エアージェット織機などの最新の織機に比べるとスピードは遅いですが、

それ故に糸が切れやすい絹などの天然繊維をゆっくりと織り上げるのに適しています。

また、当社では1台のモーターで全ての織機をシャフトと革ベルトで連結して動かしています。

S織機01

昭和34~35年製

Sベルト掛け

革ベルトで動かしている

シャトル

糸を巻いた管を入れて経糸の隙間に飛ばしていきます。

杼(ひ)や サス とも呼びます。

シャトル

 

モーター

5馬力のモーター。

これ1台で全ての織機を動かしています。

昭和15年製造。日立製。

昭和15年製造。日立製。

 

お気軽にお問い合わせください TEL 0779-88-0317 受付時間 9:00 - 17:00 [ 土・日・祝日除く ]

PAGETOP
Copyright © 株式会社東野東吉織物 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.